マネジメント研修(Management Training)

進化するマネジメント手法を研究開発し クライアントに最適なマネジメントノウハウを提供する

マネジメント研修

66management

マネジメント研修詳細内容

  • 問題解決手法習得研修
    問題解決の5つのプロセスと10の問題解決手法を組み合わせた問題解決アプローチ術を使い、問題解決を行うことで、自ら問題や課題を発見し、それを解決する考え方を身につける。講義、演習実施。
  • 営業分析・戦略立案研修
    自社の顧客分析、市場構造分析、業種構造分析、商品、技術分析を行う。分析をふまえ、既存の深堀り、新商品の拡販、新市場の開拓といった市場、商品別の戦略を立案する。講義、実習実施。
  • 営業マネジメント手法習得研修
    業績目標達成のために必要な訪問管理、引き合い案件管理の重要性および営業フォロー時に重要な月次管理、週次管理、マネージャーの組織別管理、個人別管理を学び、自営業部門のマネジメント体系の作りこみを行う。講義、実習実施。
  • 方針・目標管理マネジメント研修
    経営トップが年度経営方針・目標を設定し、それに基づいて各部門の階層の管理・監督者が方針・目標を連鎖する形で設定し、最終的には個人レベルまで落とし込んで、目標管理サイクル(PDCAの管理サイクル)を回しながら、目標を達成していくマネジメントのやり方を学ぶ。狙った目標を達成ができる方針目標管理を実施していくために、現状の問題点を見えるようにし、目標設定、マネジメントシステム、プロセスマネジメント(PDCA管理)等の中身の見直しをおこなう。講義、演習実施。
  • 管理・監督者マネジメント力向上研修
    管理・監督者のマネジメントのあるべき姿、リーダーシップの取り方、管理・監督者のマネジメントスキル・スピードが飛躍的に向上する秘訣を学び、実態をふまえ、各職場・各職制の役割・使命と各職場の主要な管理業務のマネジメントの進め方のポイントを落とし込む。講義、実習実施。
  • 工場管理研修
    工場管理に必要な日常業務マネジメントの全貌を学ぶ。生産計画/進度管理、負荷計画・負荷管理と人員計画、増産体制、新製品立上げ、新規ライン/新規設備設置、購入品の発注/納期管理、外注管理、工程内不良低減と予防対策、設備故障/保全、在庫削減、重大クレーム、リードタイム短縮、社員育成といった工場管理に必要なテーマに対してのマネジメントの展開方法を学び、チェックリストを使い、現状把握を実施し、テーマごとにマネジメントの進め方の型決めを行う。講義、実習実施。
  • 収益管理研修
    各部門で実施している収益改善活動の成果が、月次の損益計算書の内容と利益にどのように反映されているかが見える収益管理体系図(管理指標連鎖体系図)の構築方法を学ぶ。チェックリストを使い、現状把握をおこない、製造現場、管理間接部門で発生している問題が収益にどのように影響を与えているのか管理指標から何を改善したらよいかなど問題点と改善テーマの設定をおこなう。講義、実習実施。
  • 業務改革研修
    最初に演繹的アプローチを主体に経営機能を検出する。次に現状の経営機能・業務を分析して、必要不可欠な機能・業務と不必要な機能・業務の実施状況、まとまり仕事と責任権限および現在作成、使用している書類の実態を明らかにする。
    そして、業務プロセスをフローチャートで体系的に見えるようにし、VM業務プロセスボードにおいて分析状況、問題点および改善の方向を共通認識する。加えて現状の業務量を調査して分析する。最後に経営機能・業務分析と業務量分析に基づき、問題点を摘出し、適切な業務手順書の作成および業務の統合、整理、改善といった改善案を策定する。講義、実習実施。